Entries

title スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

title 

スポンサーサイト

title 私のゴールデンウィーク

ずいぶんご無沙汰してしまいました。
連休明け早々全身に蕁麻疹が出てしまった私です。
最近調子が良かったのでいろいろな食材にチャレンジしていましたが、
やはり油断は禁物ですね。
幸い今はすっかりよくなりました。


さて、このGWは、みんなでひいおばあちゃまのおうちに遊びに行っていました。
建て替えて半年も経っていないので、どこもかしこも新しくてピカピカです。
玄関を入ると、大きなワンワンがお出迎えしてくれます。



_DSCF18692.jpeg同じ大きさ



少々リアルすぎるため、最後まで仲良くなることはできませんでしたが…。

2階からは海が見える、とっても素敵なこのおうち。
ママはすっかり気に入ってしまい、「一戸建てを買おう!」と心に決めたようです。
「天井が高くて、庭が広くて、書斎があって…」と夢を語っていましたが、
「いや、無理だから」とパパに冷静に諭されていました。


それはともかく、この連休でいちばん楽しかったのは、動物園に行ったことでした。
キリンが大好きな私は、「キリン!キリン!」と大興奮。
ベビーカーを自ら降り、坂道もどんどん歩きました。
途中、中学生のお兄ちゃんたちの列につっこんでいくという意外な積極性も見せていました。



_DSCF19282.jpegペンギンを見たり…






_DSCF19222.jpegゾウさんを見たり…



非常に暑い日だったのですが、たくさん歩いてごはんもモリモリ食べ、
帰りの車の中では買ってもらったキリンのぬいぐるみを握りしめて爆睡でした。


そして最後の晩、みんなでおばあちゃまの誕生日のお祝いをしました。
おばあちゃまは今年還暦を迎えたのです。

みんなにお祝いしてもらって涙ぐむおばあちゃま。
そしてそれ以上に泣きわめいていたこの私。
というのも、その場に私の苦手な人物がいたからです。

それはママの弟のタイゾウおじちゃま。
会うたびに人見知りをしてしまうのですが、今回は最強でした。
何しろ、チラッと顔を見るだけで号泣し、奥の部屋にママを連れ込んで
「チョーダ!チョーダ!」とおっぱいを求めるのです。

どうにか私に近づきたい一心で、巨大なクマのぬいぐるみの陰に隠れつつ
ほふく前進でじりじり寄ってくるおじちゃま。
しかしちょっとでも顔が見えると、「ママ、ママ!チョーダ!チョーダ!」
と私は恐怖に泣き叫びます。
お嫁さんのりみちゃんにはすぐになついたのに、おじちゃまだけがダメなのです。
「なぜだ…。オレは血がつながってるのに…」とおじちゃまは嘆いていました。

初めのうちは奥の部屋から出て行くことさえできなかった私ですが、
次第に慣れてきて広間をかけ回るようになり、
最後にはおじちゃまに「どーじょ!」とおもちゃを手渡すまでになりました。
しかし一方で「ババーイ!ババーイ!」を連発し、
「早く帰れ」と暗に伝えることを忘れませんでした。

おじちゃまにだけこんなに警戒するのは、ズバリ「色黒」が原因ではないかと思われます。
「黒いから怖いんじゃないの」とママに言われたおじちゃまは
気を遣って白いシャツを着てきましたが、そんな小細工は通用しませんでした。
次に会うときまでにしっかりと美白をお願いします。


こうしてとても充実していたGWですが、ひいおばあちゃまのおうちにいる間中、
私はずーっと「ママ、ママ」とママにまとわりついていました。
ちょっとでも姿が見えないと泣き、トイレにも一緒についていくほどです。

ところが家に帰ってきたとたん、ピタリと「ママ」と言わなくなりました。
ママなどまったく眼中にないかのように走り回っています。
やはり知らないところにいるという不安感がママを求めさせたのでしょうか。
どんなママでもママはママなのです。
しかしママはそれに慢心せず、ますます私を可愛がるようにしてほしいものです。



_DSCF19982.jpeg
 これが巨大グマだ




**お知らせ**

今後は更新のペースがかなり落ちると思います。
タグフレはペットに家出されそうなので現在非表示にしていますが、
そのうち退会するかもしれません…。
ランキングは外しました。
とりあえず次回は17日頃更新したいと思っていますので、
どうぞよろしくお願いします。

title 危険な関係

昨日のことです。
私の足の親指の爪がちょっと割れて血がにじんでいたので、手当てをしようとしたママ。
しかし私はガーゼを当てられると号泣し、足をピンとつっぱって「取れ」と要求しました。
病院だけでなく、医療行為全般が大嫌いなのです。

そこであきらめればいいものを、再び手当てを試みたママ。
私が大好きなりんごをもらっておとなしくしているスキに、素早くバンドエイドを貼りました。
不意をつかれ、「ギャー!」と泣く私。
その拍子にテーブルに顔をぶつけてしまいました。

当然私は大泣きです。抱っこでも泣きやみません。
冷やそうとしてママが持ってきた濡れタオルも、払い落として拒否。
ぬいぐるみであやされてもまったくダメです。
抱っこでベランダに連れて行ってもらい、大好きなブーブーを見て、ようやく泣きやみました。
その後これまた大好きなおにぎりをもらって、どうにか機嫌を直したのでした。

最初は頬骨のあたりが赤く腫れていて、このカワイイ顔に傷が…と心配しましたが、
夕方にはほとんど消えていました。
ママと違って新陳代謝が活発な証拠でしょうか。


しかし夕方になって、またショックな出来事が…。
新しいスーツの試着をしていたおじいちゃまのところに行ったところ、
ちょうど振り返ろうとしたおじいちゃまにぶつかってはたかれてしまったのです。

「叩かれた」と思った私は、怖くなってママにぎゅっとしがみつきました。
おじいちゃまが試着に夢中で何のフォローもしてくれなかったため、
偶然の事故だということが私にはわからなかったのです。

その後、おじいちゃまのそばに寄りつかず、抱っこされるとのけぞって泣きわめいていた私。
おじいちゃまはわかっていなかったようですが、原因はこれでした。
まだ1歳の私でも、みんなが思う以上にたくさんのことを感じ取っているのです。


とはいえ、いつまでも過去を引きずる私ではありません。
座る位置を少しずつ変えてだんだんおじいちゃまとの距離を縮めていき、
いつのまにか仲直りしました。
寝る前にはおじいちゃまのお布団にもぐりこみ、「じいじ!」と呼びつけて一緒に入らせ、
ママが呼びにきても無視していたほどです。

そんな私とおじいちゃまとのラブラブぶりを、寂しそうに見つめている人がいました。
パパです。
今までパパとママ以外の人とは一緒に寝ようとしなかったのに、
あっさりおじいちゃまのお布団に入っていくのを目の当たりにし、
少々ハートブレイキングだったようです。

しかし、心配することはありません。
私が自ら首に手を回して熱いチューを贈る相手は、パパだけだからです。



_DSCF181422.jpeg
 おじいちゃまは第二の男

title この薄毛からの卒業

もしかしたら、すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。
プロフィール欄から例の2文字が消えたことを…。
そう、自己紹介から「薄毛」を外したのです。


生まれたときは、髪が豊富に生えていた私。
このようにフサフサでした。



_IMG_3266a2.jpeg



しかし、生後4ヵ月頃から後頭部に暗雲が。
激しく頭を振るため、10円ハゲができてしまったのです。



_IMG_3814a2.jpeg



思えばこの後ろハゲが始まりでした。
それからというもの、たくさんあったはずの髪の毛がどんどん抜けていき、
細くてぺらっとした猫毛しか生えてこなくなってしまったのです。
1歳前にはこのような状況になっていました。



_IMG_4513a2.jpeg



写真ではてっぺんハゲばかりが目立ってしまいますが、
全体にシースルー感が漂っています。

こうした頭髪環境のせいで、男の子に間違えられることもしばしば。
このままではマズイと考えた私は、毎日のブラッシングに加えて食生活の改善を敢行。
海藻類をたくさんとることにしました。

特に食べたのがノリです。
一度食べて以来大好きになり、白ごはんを食べないときも
ノリ巻きおにぎりならいくらでも食べるようになりました。
白ごはんを出されると、スプーンにごはんを乗せたままキッチンに持っていき、
ギー!ギー!(このごはんをノリで巻いておにぎりを作れ)」と要求するほどです。


ノリを食べ続けた成果でしょうか。
最近、「マナちゃん、髪が増えたんじゃない?」と評判なのです。
それが目の錯覚でない証拠に、後頭部の写真をごらん下さい。



_IMG_64622.jpeg 使用前





_DSCF1567a2.jpeg 使用後



明らかに増えています!
もう真上からのアングルにおびえなくてもいいのです!

今でも多いとは言えませんが、「薄毛」は脱却したと言ってもいいでしょう。
これからは「薄毛」ではなく、「少毛」と名づけたいと思います。


長らく加盟していた薄毛同盟も、これでようやく卒業できそうです。
同盟の皆様、薄毛の強い味方「ノリ」をぜひお試し下さい。



_DSCF17711.jpeg
 さらば心の友よ

title 祖母帰る

昨日、とてもうれしいことがありました。
お引っ越しの手伝いで5日ほど留守にしていたおばあちゃまが帰ってきたのです。

おばあちゃまが行ってしまってからというもの、ちょっとでも物音がすると「ばあば!?」
チャイムが鳴ると「ばあば!?」、電話がかかってくると「ばあば!?」
一日中おばあちゃまの姿を探し求めていた私。

「おばあちゃま行ってらっしゃいしたでしょ?」とママに言われると、
「ばあば、ブーブー」と答えて「おばあちゃまはどこかへ行った」と理解を示すものの、
1分後には「ばあば!?ばあば!?」と騒ぎ出していました。
ちなみにおばあちゃまは車でなく電車で行ったのですが、
私の中では「どこかへ行く」=「ブーブー」なのです。


そんな大好きなおばあちゃまが帰ってきたので、私はもう大興奮。
寝かしつけようとするママを押しのけ、「ばあば!?」と連呼しながら部屋を出て行きました。

おじいちゃまとおばあちゃまの寝ている和室に行き、
お布団に入ったり出たりして遊びます。
電気を消されると、怒ってすぐにつけさせます。
また、寝ているおじいちゃまに「ハイ、どーじょ!」とテレビのリモコンを投げつけ、
「テレビをつけてみんなで楽しく団欒をしよう」と誘いました。

ひとしきり騒いで11時ごろやっと寝たのですが、
眠りについてからも興奮がなかなか冷めません。
「ママがおっぱいをくれない」という怖ろしい悪夢にうなされ、
号泣しながら「チョーダイ!チョーダイ!」と寝言を言いました。


このように熱烈大歓迎した私に比べ、おじいちゃまは何という体たらくでしょう。
実は、昨日はおじいちゃまとおばあちゃまの結婚記念日だったのです。

すっかり夜も更けた頃、「今日何の日か知ってます?」と冷ややかに尋ねるおばあちゃま。
「ん?マナちゃんの誕生日は9月だろ?」とおじいちゃまはベタなボケで返します。
照れ隠しかと思っていると、数分後に突然「ああ!結婚記念日か!」と大声を出しました。
なんと、ボケではなく素だったのです。

「いやあ、最近記憶が全然ダメでね」と言い訳するおじいちゃま。
しかし私は知っています。
「今日の脳年齢は35才だったぞ!」と意気揚々とDSの画面をママに見せていたのを…。

単語を覚えて脳を鍛えるのも結構ですが、
他に覚えておくべきことがあるのではないでしょうか。
たとえばママの誕生日なども、覚えておいて損はないはずです。

来年の4月は離婚時に夫婦間の年金分割が可能になる月です。
結婚記念日に熟年離婚されないよう気をつけて下さい。



_DSCF1232a1.jpeg
 もう離れないで

title 「マナ」は○○でできています

最近人気のフリーソフト、「成分解析」をご存じでしょうか。
単語を入力すると、その「成分」を解析してくれるのです。

たとえば、バファリン。
半分はやさしさでできているそうですが、このソフトで解析するとこのようになります。


20060408012818.jpg



残念ながら、やさしさはまったく入っていないようです。


このソフトの使い方は次の通りです。

1: 「成分解析 Ver0.1A」をクリック→「ファイルのダウンロード」画面でデスクトップ等に保存。
2: LZHファイルを解凍。解凍ソフトがない場合はこちらでダウンロードして下さい。
3: 「buffalin」フォルダの「Buffalin.exe」をダブルクリックして実行。
  「成分解析 Ver0.1a」というソフトが開いたら、解析したい単語や名前を入力し
  「成分を解析する」をクリック。オプションで名前を伏せることもできます。



さっそくこのソフトを使って、「マナ」の成分を解析してみました。


 マナの成分解析結果 :

 マナの75%は理論で出来ています。
 マナの14%は歌で出来ています。
 マナの6%は月の光で出来ています。
 マナの5%は愛で出来ています。



おお、どことなく当たっているような気がするではありませんか!
私が論理的でロマンチストな1歳児であることが証明されました。

ちなみに本名のフルネームで解析してみたところ、このようになりました。


 ****の成分解析結果 :

 ****の82%はかわいさで出来ています。
 ****の11%は世の無常さで出来ています。
 ****の4%は情報で出来ています。
 ****の3%は記憶で出来ています。



ますます当たっています!
私がそれほどカワイイことを見抜くとは、このソフトあなどれません。

ついでにパパのもやってみました。


 ****の成分解析結果 :

 ****の48%は毒物で出来ています。
 ****の40%はスライムで出来ています。
 ****の8%は雪の結晶で出来ています。
 ****の3%は利益で出来ています。
 ****の1%は鉛で出来ています。



48%は毒物で出来ています。

予想だにしない結果となってしまいました。
人畜無害なマイホームパパかと思いきや、そんな危険な男だったとは…。


なかなかスリリングなこの成分解析。
さて、皆様はどんな成分でできているでしょうか。



_DSCF16391.jpeg
 うーたんの65%は大人の都合でできています

title デジカメとの出会い

先日のことです。

テーブルの上にデジカメが無造作に置かれていたので、こっそり拝借しました。
最先端デジタル機器に臆することなく、果敢に挑んでいく私。
ありとあらゆるボタンを押して確認します。

しばらく熱中していると、突然頭上から「ダメー!!」というママの悲鳴が。
「さわっちゃダメ!こわすでしょ!」と叱られ、デジカメは取り上げられてしまいました。
なぜ私が怒られなければならないのでしょうか。
手の届くところに置いてある方が悪いのに…。


「まったく、油断もスキもない」とブツブツ言いながら、デジカメをチェックするママ。
そして、「何コレ!」と驚きの声を上げました。
そこにはこのようなものが写っていたのです。



_DSCF17482.jpegアゴ



_DSCF17512.jpegアゴ



_DSCF17492.jpegアゴ



二重アゴ3連発です。
こうしたセルフポートレートや、ピンボケの室内写真などが十数枚も入っていました。

与えられたチャンスは最大限に活かすこの私、
デジカメをただ漠然と触っていただけではありません。
電源ボタンを長押しして電源を入れ、シャッターボタンを連打するという
高等テクニックを駆使し、生まれて初めて写真というものを撮ったのでした。


いつも撮られる側の私ですが、たまには撮る側に回ってみるのも面白いものです。
次はどんな衝撃写真が撮れるでしょうか。



_DSCF1756a2.jpeg
 「青尻娘」 撮影:マナ

Appendix

Profile

manachan

Author:manachan


meme logo
04年9月生まれのマナです。
2歳になりました。

先天性疾患で手術を受け
現在も通院中ですが、
元気に毎日を楽しんでいます。
ママの実家に絶賛居候中。

マナからのごあいさつはこちら

papapapa logo
多忙のためあまり登場しません。
マイペースな年男。

mamamama logo
グウタラ。好きな言葉は自由。
パパよりは年下です。

おじいちゃま…ママの父。
おばあちゃま…ママの母。

----------------------------------------

過去の記事はこちらです
みんな神様がきめたこと
('05/9月~'06/2月)


メールはこちらまで
   

※リンクフリーです。
ご自由にどうぞ♪

※スパム防止のため、
TBはリンクのあるもののみ
受け付ける設定にしています。

Recent Entries

Monthly Archives

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Search

meromero park

メロメロパーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。