Entries

title スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

title 水も滴る…

私が今最も熱い視線を注いでいるもの、それは「水」
とにかく水が大好きなのです。


もともと好きだったお風呂も、最近ではラブ度がさらにアップ。
どんなに眠くてぐずっていても、お風呂に入ればたちまちご機嫌になります。
手で水鉄砲をしたり、アヒルのおもちゃで遊んだり、ママのおへそに指をつっこんだりと、
毎回あっというまに時間が過ぎてしまいます。

お風呂を出る前にいつも10数えるのですが、このごろは「10数えると出される」ことを理解し、
「10数えるよ~」と言われただけで「アー!!」と怒りの声を発します。
「ハイ、出るよ~」と体を持ち上げられそうになると、わざと全身の力を抜いて抵抗します。


また、手を洗うのも大好きです。
お散歩から帰ってくると、自分で袖をめくりながら率先して洗面所へ入っていきます。
ごはんのときにちょっと手が汚れても洗面所へ。
何もなくても手を洗いたくなると洗面所へ。
ただ、ママに抱っこされないと蛇口に手が届かないのがもどかしいところです。

そして、水を飲むのも大好き。
これまではあまり水を飲まなかったのですが、最近急にたくさん飲むようになりました。
それもストローマグでなく、コップで飲むのが好きなのです。

ママがマグを渡すと、自分で分解してコップだけにして飲みます。
グビグビ一気に飲み干し、「プハー!!」と息をつきます。
喉は渇いてないけど飲みたい、という気分のときは、口に入れるだけ入れて
ダーッと吐き出します。

ただ飲むだけでなく、コップからコップに水を移す、というのも楽しみの一つ。
「こぼすからダメ」とうるさいママの目を盗んでは、コップに水を移し替えています。
手が滑って水をこぼしてしまったときは、知らん顔をしてその場を立ち去ります。

しかし、現場に証拠を残してしまうため、私の仕業であることがすぐにバレてしまうのです。
「マナちゃん、水をこぼしたらちゃんと拭きなさい!」と言われ、おとなしく雑巾で床を拭く私。
完全犯罪への道はまだ遠そうです。



_DSCF17172.jpeg
 犯人はマナ
スポンサーサイト

title 叩け!叩け!叩け!

世のため人のため、日々奉仕活動にいそしんでいる私。
何かをしている人を見ると、すぐにかけよって助けてあげます。

ママが歯を磨いているときは、手を添えて歯ブラシをグイッと喉の奥までつっこみます。
おばあちゃまが洗濯物をとりこんでいるときは、
Tシャツをハンガーからもぎとって首部分をビローンと伸ばします。
パパがお仕事をしているときは、隣で静かに大事な書類にサインをします。


中でもいちばん好きなのは、お布団を叩くこと。
布団叩きは私の仕事、と思い定めているため、おばあちゃまが叩いていると激しく怒ります。
ベランダでパンパンという音がするとすかさず走り寄り、「イヤー!!」と叫んでやめさせます。

ちょっと前まではベランダに出るのが怖く、窓のところに立って抗議していたのですが、
今ではアグレッシブに裸足でどんどん下りていきます。
「靴持っといで」と言われると、ダーッと走って玄関から靴を持ってきます。
ボアブーツを布団叩き用の靴に決めていて、必ずそれを持ってくるのです。

靴を履かせてもらい、布団叩きを手にすると、とたんにご機嫌になる私。
布団を叩き、洗濯物を叩き、植木も叩きます。
思う存分いろんなものを叩いた後は、ジョウロを拾って「ジャー」と水をかけて回ります。


このように布団叩きを楽しんでいたところに、思わぬ敵が現れました。

それは、ハチ。
突然私の前にブーンと飛んできたのです。

「マナちゃん、危ない!チクッてするよ!」とあわてるママ。
布団叩きを手に、果敢にハチと戦います。
おかげでハチはどこかに飛んでいきましたが、私はビックリして固まってしまいました。

「もうおうち入る?」と言われ、素直にコクコクとうなずく私。
ミツバチとはいえ、ハチはハチ。
いきなり目の前に飛んできて、怖い思いをしたのです。


ベランダにミツバチが飛んでくるとは、もう春がやってきたのですね。
などとのんきなことを言っている場合ではありません。
憎き天敵から身を守れるよう、いっそう布団叩きさばきに磨きをかけたいと思います。



_DSCF17011.jpeg
 引っ越し!引っ越し!

title 今、教育テレビが面白い

あまりテレビに興味がなかった私。
しかし先日、そんな私の人生観がガラリと変わりました。


それは一月ほど前のある日の夕方のこと。
そろそろ「おかあさんといっしょ」でも見せようかと思ったママが、
NHKの教育テレビを見せてくれたのです。

始まったのは「いないいないばぁっ!」という幼児番組。
初めて見る世界に私はくぎづけです。
座ることも忘れ、立ったままじーっと画面を見つめました。
何かに魅入られたかのように…。


それ以来、私はすっかりその番組のトリコになってしまいました。
「ばあ!」「ばあ!」と一人いないいないばあをしつつテレビを指さし、
「見せろ」とアピールする私。
「あとでね。今やってないよ」とママに言われると、
テレビのリモコンを探し出して勝手につけるようになりました。

特に気に入ったのは、ワンワンというキャラクターです。
マミイに載っているワンワンの写真を見るたび、「ワンワン!ワンワン!」と
興奮してテレビの前に走っていくほどなのです。

私のあまりの熱中ぶりに少々驚いているママ。
皆様はどのようにテレビとおつき合いされているのでしょうか。


  
_DSCF09962.jpegワンワン(右)



しかし、私の心をつかむだけあって、なかなか面白いこの番組。
「ぐるぐるどっかーん」「ワンワンパラダイス」などは
キャッチーなメロディラインと印象的な歌詞で、ママもついつい口ずさんでしまいます。

そして、ママはとうとう注文してしまいました。
「いっしょにあそボックス」を…。

「いっしょにあそボックス」とは、「いないいないばぁっ!」のCDやDVD、
パペットなどの教材が月一回、半年間送られてくるものです。

「しまじろうも頼んでるし、今からじゃちょっと遅いかも」と悩んだママの背中を押したのは、
「ワンワンの中の人はチョーさん」という事実でした。
ママは「たんけんぼくのまち」のファンだったのです。


ちょっとマニアックな話になってしまいましたが、そんなわけでワンワンたちが
今月から我が家にやってくることになりました。
「マナちゃんの大好きなもの買ってあげたよ!よかったね!」と言いながら、
「早く来ないかな~」とママの方が心待ちにしています。



_DSCF09202.jpeg
 テレビは離れて見ないとね

Appendix

Profile

Author:manachan


meme logo
04年9月生まれのマナです。
2歳になりました。

先天性疾患で手術を受け
現在も通院中ですが、
元気に毎日を楽しんでいます。
ママの実家に絶賛居候中。

マナからのごあいさつはこちら

papapapa logo
多忙のためあまり登場しません。
マイペースな年男。

mamamama logo
グウタラ。好きな言葉は自由。
パパよりは年下です。

おじいちゃま…ママの父。
おばあちゃま…ママの母。

----------------------------------------

過去の記事はこちらです
みんな神様がきめたこと
('05/9月~'06/2月)


メールはこちらまで
   

※リンクフリーです。
ご自由にどうぞ♪

※スパム防止のため、
TBはリンクのあるもののみ
受け付ける設定にしています。

Recent Entries

Monthly Archives

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Search

meromero park

メロメロパーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。