Entries

title スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

title 楽しいしかけ絵本

今日からゴールデンウイークに突入しましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年は曜日配列があまりよくないので、お休みが短い方も多いかと思います。
もちろんパパもその一人です。
しかも1日と2日は出張が入っているそうです。海外旅行などは夢のまた夢ですね。

そんな愚痴はさておき、今日は絵本のお話です。
絵本が大好きな私は、毎日いろんな絵本を読んでもらっています。
「もこもこもこ」は覚えてしまい、「しーん」「ぎらぎら」などと自分で読むようになりました。

そんな私の元にやってきた、面白い絵本があります。
それはこちらの本です。



_DSCF18242.jpeg
 Encyclopedia Prehistorica Dinosaurs



35体の恐竜が立体で表現されている恐竜百科です。
今号の赤すぐキッズで「恐竜時代」という日本語版が紹介されていたのですが、
秋頃まで重版されないらしく、現在手に入るのは英語版のみとなっています。
ページをめくると、さまざまな恐竜たちが飛び出してきます。



_DSCF18153.jpeg



このように、非常に精密でダイナミックなしかけ絵本です。
恐竜の顔が飛び出してくるページなどは、本当に食いついてきそうな迫力です。



_DSCF18163.jpegガオ~



見事な出来栄えに、家族中が感心したこの絵本。
子供用にはもったいないほどです。
少年の心を忘れない男性へのプレゼントとしてもおすすめです。


そしてもう一つ、私のお気に入りのしかけ絵本がこちらです。



_DSCF18202.jpeg
 Mama Hen & Her Baby Chicks 1, 2, 3



ニワトリのお母さんが卵を産み、無事にヒヨコが孵るまでのお話です。
ニワトリの形をしたこの絵本、実はこの形に秘密があります。
最後にしっぽを押すと、「コケー!コケー!」と鳴きながら本当に卵を産むのです。



_DSCF18213.jpeg



ちょっと難産気味ですが、こうして3個の卵が産まれます。
しかもこの卵、ひとつひとつがちゃんと絵本になっています。



_DSCF18223.jpeg



卵の絵本の内容は、産まれてきたヒヨコたちのお話。
とても小さな可愛らしい絵本です。
2冊ともamazonで購入できます。


ところで話は変わりますが、私には苦手なものがひとつあります。
それは、カミナリ。
恐竜はちっとも怖くないのですが、カミナリが怖いのです。

カミナリが鳴ると、「ゴロゴロ~」と言いながらママにぴたりとしがみつきます。
カミナリとまぎらわしい強風の日は、一人で奥の部屋に行けません。

そんな繊細な神経の持ち主である私に、ママは怖ろしいことを言ったのです。
「おへそ隠さないと、雷様に取られちゃうよ!」と…。

それ以来、おへそが気になってしかたありません。
洋服をめくり、何度も触って確認するため、おへそが真っ赤になってしまいます。
おへそがちゃんとあるかどうか気になって、ぬいぐるみに見せてみたりもします。

ママがよけいなことを言ったせいで、すっかりおへそに夢中の私。
これ以上出べそになったらどう責任を取ってくれるのですか。



_DSCF1789a1.jpeg
 ワンワン、私のおへそちゃんとある?

title 危険な関係

昨日のことです。
私の足の親指の爪がちょっと割れて血がにじんでいたので、手当てをしようとしたママ。
しかし私はガーゼを当てられると号泣し、足をピンとつっぱって「取れ」と要求しました。
病院だけでなく、医療行為全般が大嫌いなのです。

そこであきらめればいいものを、再び手当てを試みたママ。
私が大好きなりんごをもらっておとなしくしているスキに、素早くバンドエイドを貼りました。
不意をつかれ、「ギャー!」と泣く私。
その拍子にテーブルに顔をぶつけてしまいました。

当然私は大泣きです。抱っこでも泣きやみません。
冷やそうとしてママが持ってきた濡れタオルも、払い落として拒否。
ぬいぐるみであやされてもまったくダメです。
抱っこでベランダに連れて行ってもらい、大好きなブーブーを見て、ようやく泣きやみました。
その後これまた大好きなおにぎりをもらって、どうにか機嫌を直したのでした。

最初は頬骨のあたりが赤く腫れていて、このカワイイ顔に傷が…と心配しましたが、
夕方にはほとんど消えていました。
ママと違って新陳代謝が活発な証拠でしょうか。


しかし夕方になって、またショックな出来事が…。
新しいスーツの試着をしていたおじいちゃまのところに行ったところ、
ちょうど振り返ろうとしたおじいちゃまにぶつかってはたかれてしまったのです。

「叩かれた」と思った私は、怖くなってママにぎゅっとしがみつきました。
おじいちゃまが試着に夢中で何のフォローもしてくれなかったため、
偶然の事故だということが私にはわからなかったのです。

その後、おじいちゃまのそばに寄りつかず、抱っこされるとのけぞって泣きわめいていた私。
おじいちゃまはわかっていなかったようですが、原因はこれでした。
まだ1歳の私でも、みんなが思う以上にたくさんのことを感じ取っているのです。


とはいえ、いつまでも過去を引きずる私ではありません。
座る位置を少しずつ変えてだんだんおじいちゃまとの距離を縮めていき、
いつのまにか仲直りしました。
寝る前にはおじいちゃまのお布団にもぐりこみ、「じいじ!」と呼びつけて一緒に入らせ、
ママが呼びにきても無視していたほどです。

そんな私とおじいちゃまとのラブラブぶりを、寂しそうに見つめている人がいました。
パパです。
今までパパとママ以外の人とは一緒に寝ようとしなかったのに、
あっさりおじいちゃまのお布団に入っていくのを目の当たりにし、
少々ハートブレイキングだったようです。

しかし、心配することはありません。
私が自ら首に手を回して熱いチューを贈る相手は、パパだけだからです。



_DSCF181422.jpeg
 おじいちゃまは第二の男

title レンガ積み木の遊びかた

物を積むことが大好きな私。
ジュースの缶を積んだり、ティッシュの箱を積んだりしていましたが、
今はこちらの積み木を使っています。



_DSCF17642.jpeg



レンガ型積み木と言われるもので、4×8×2㎝のシンプルな積み木が100個入っています。
基尺が4cmなので、スカリーノなどと組み合わせることもできます。

注文したのは、小さな大工さんというお店。
大手メーカーでなく材木屋さんなので、納期に時間がかかります。
現在は1ヶ月ほどかかるようです。


まだ自分では何個か積み重ねることしかできないのですが、
ママが積んでいる塔を崩したり、ママが並べているドミノを倒したり、
ママが作っているおうちを壊したりして楽しんでいます。

そして、今いちばん楽しい遊び方は、「ご招待ごっこ」。
積み木で作ったおうちにお友達を招いて遊ぶのです。



_DSCF17462.jpeg満員御礼



おうちというより塀ですが…。

「ワンワンこんにちは~!」「ウサギさんこんにちは~!」とママが連れてくるお友達を
おうちに入れてあげるのがとても楽しいのです。

ただしお友達は誰でもいいというわけではなく、「ワンワン!」「ニャーニャー!」などと
次に呼ぶ相手を指示します。
また、同じ種類の動物を隣同士に座らせたり、ニワトリとヒヨコの親子を一緒に座らせたりと、
ホステスとしてちゃんと気を配っています。

こうしておうちに集まってきたお友達。
しかし、お別れのときはすぐにやってきます。
ママがおもちゃ入れを持ってきて「はい、バイバイするよ~!」と言うと、
せっかく来てくれたお友達を片づけなければいけません。
まだ何のおもてなしもしていないのに…。
飽きないうちに片づけさせようというママの魂胆は見え見えなのです。


このように家中のぬいぐるみ総動員で遊ぶご招待ごっこですが、
中には出入りを許されない者もいます。
先月のしまじろうについてきた、非常にかわいくないゾウの歯みがきパペットもその一人です。

「ゾウさんこんにちは~!」とママが明るく連れてきても、「アー!!」と振り払われる彼。
彼がマナハウスに入れる日は来るのでしょうか。



_DSCF17671.jpeg
 口を閉じてから来い

title ポリオの予防接種に行きました

この間から病院の話ばかりしているようですが、今回は予防接種です。
ポリオ2回目の予防接種に行ってきました。


ママと手をつなぎ、新しい帽子をかぶってゴキゲンで接種会場に向かった私。
道行く人に笑顔で手を振ったり、頭を下げて「こんにちは」をしたりとサービスも満点でした。

しかし、会場に一歩足を踏み入れたとたん、鋭く異変を察知。
足を踏ん張り、ママの手を引っぱって「もう帰ろう」と訴えます。
列に並んでいるときは、少しでも前に進もうとすると座り込んで拒否。
ガンとして動かないため、ママは私を抱っこして待つしかありませんでした。

ポリオの予防接種は赤ちゃんが多く、1歳7ヶ月の私はかなり年長の方です。
「うちの子、もう7キロもあるんですよ~!重くって大変~!」
という会話が交わされる中、ママに抱っこされる11キロの私。
「腕がしびれたよ~」とママが泣き言を言っても、ひしとしがみついて離れません。

先生の診察のときも、ポリオを飲まされるときも、一人だけ号泣。
抱っこされていたせいでスカートはずり上がり、おへそも丸見えで、
ちょっと人には見せられない姿となっていました。


その後、おもちゃや絵本の置いてあるコーナーに行ったのですが、
まだ警戒を解かない私はママに抱きついたまま微動だにしません。
いつもならお友達のところに喜んで行くのに、じっとママに抱っこされたままです。
大好きな「もこもこもこ」の本にも見向きもしませんでした。

しかし、「そろそろおうち帰ろうか?」と言われたとたん、急に元気を取り戻しました。
いそいそと靴を取りに行き、率先して外に出ようとします。
「もうイヤなことは終わった」とわかったのです。

さっきまでの神妙な様子がウソのように、軽快な足取りで帰路についた私。
おうちに着くと、おばあちゃまが上から手を振っている姿が見えたので、
「ばあば!ばあば!」と大喜びでした。

が、マンションの入口付近でまたも座り込み。
会場でおとなしくしていた分、パワーがありあまっていたのです。
「おうち帰るよ。ばあば待ってるよ」と言われても聞かず、
ママの手を引っぱってあちこち連れ回しました。
最後には、「マナちゃん、帰ってリンゴ食べよう!」という甘い言葉につられ、
ようやく家に帰ることを承知したのでした。


こうして疲れ果てて家にたどり着いたママに、さらに追い打ちをかけるような出来事が…。
先日カードを拒否された海外通販サイトで、カードを替えて再オーダーしたのですが、
またしても拒否されてしまったのです。
こんなことは初めてで、理由がまったくわかりません。
PayPalを使えば払えるらしいのですが、面倒になってキャンセルしてしまいました。

数年ぶりにオシャレ心を出したというのに出鼻をくじかれ、すっかりやる気を失ったママ。
もう何もかもイヤになり、パパと食べようと思ってとっておいたロイズのポテトチップチョコを
ヤケ食いしていました。
もちろん服装はパジャマ用スウェット&モップスリッパです。

そんなわけでこの日記の更新もすっかり滞っておりますが、
細々と続けていく所存ですので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



_SH5300281.jpeg
 帽子が歩いてる

title 1歳7ヵ月になりました

今日は私が1歳7ヵ月になった記念すべき日です。
それなのに、ママはひどいのです。
「おでかけだよ~!」と言われたので、どんなステキなところに連れて行ってくれるのかと
ワクワクしていたら、着いたのは大キライな病院でした。
純真な私をだますなんて…。

今日はアレルギー検査の結果がわかる日でした。
「今日は何もしないよ。お話だけだよ」とママは言いますが、そんな言葉にはだまされません。
病院に一歩足を踏み入れるなり、「ブーブー!ブーブー!(外に出る)」と必死に訴える私。
待合室では、セミのようにママにぴたりと抱きついて離れませんでした。
診察室に入るともちろん号泣。
先生のお話がまったく聞こえないため、
私は看護婦さんに抱っこされて別室に連れて行かれてしまいました。

検査の結果は横ばいでした。
まあ悪化していなかっただけよかったと言うべきでしょうか。
そろそろ卵黄から試してみてもいいということでしたが、
もし症状が出るようならまた半年は除去継続だそうです。
もう一年以上も卵製品をまったく口にしていないママは、ちょっとガッカリしていました。


少々残念な結果となってしまったのですが、くよくよしてもしかたありません。
気分を変えるため、私のこの一ヶ月の成長ぶりでも書いてみることにします。


・ベランダの窓のカギをかけ、おばあちゃまを閉め出す。

・「パパ」「ママ」などと言いながら、似顔絵(ただのマル)を描く。

・「チー!」とオムツを押さえておしっこを教える。(真偽は不明)

・「におわなくてポイ」にオムツを捨てる際、ふたを開ける→オムツを入れる→
 カートリッジを回してウインナー状にする→ふたを閉める、と完璧に使いこなす。

・「ニャーニャーニャニャー」と「犬のおまわりさん」を歌う。(ママにしかわからない)


このように、着実な成長を見せています。
特に似顔絵は最近の大ブーム。
一人一人ちゃんと色を変え、「じいじ…」「ばあば…」と呟きながらマルを描いています。

しかし、成長に伴ってちょっとした問題が。
ビデオカメラを意識するようになり、自然な姿が撮れなくなってしまったのです。
いつもなら喜んでやる「げんこつやまのたぬきさん」「むすんでひらいて」などのお遊戯も、
カメラの前では一切やりません。
音楽が鳴っても下を向いたままで、黙々と他の作業を続けます。
「いい映像が撮れない」とママは残念がっています。


ところで話は変わりますが、昨日久しぶりに二人で出かけたパパとママ。
最近では会話もろくにしていなかったのですが、久々に二人きりでお出かけし、
かつてのラブラブぶりを少しは思い出したようです。

そんな二人を象徴するようなエピソードがありました。
電車を降りたとき、パパがスッと手を伸ばしてママの荷物を取ったのです。

「まあ、こんな軽い荷物も持ってくれるなんて、さすがパパ!」と感激したママ。
しかしパパは荷物の中から自分の上着を取り出すと、そのままママに返してきました。
荷物を持ってくれたのではなく、寒かったから上着を取ろうとしただけだったのです。

「気分をこわした!」とプリプリ怒っているママ。
やはり、新婚時代は遠い過去になってしまったようです…。
ますます深まった二人の溝が埋まる日は来るのでしょうか。



_DSCF17301.jpeg
 パパは私のもの

title 置いてけぼりの休日

数日前、アレルギー検査で散々な目にあった私。
病院前での脱走・診察室への入室拒否・先生を見て絶叫、の3点セットはお約束。
さらに、血液検査の注射がなかなかうまくいかず何ヶ所も針を刺されたため、
病院中に響き渡る声で20分ほども号泣し続けました。
ママのところに戻ってきたときには汗と涙で顔がパンパン、髪の毛はモジャモジャで、
すっかり別人のようになっていました。
美貌がウリの私なのに…。

そんなつらい目にあったばかりの私を置いて、
今日パパとママは二人でお買い物に行ってしまったのです。
しかもマザーズバッグを買いに行くというではありませんか。
主役の私を置き去りにしてどうするのですか。
いくら大好きなシールブックを買ってきてもらっても、私の心は癒されません。
途中でママから何度か電話がありましたが、「アー!!」と怒って通話を拒否しました。

まあそれはともかく、ママが買ったマザーズバッグはこれです。



_DSCF17972.jpeg
 LeSportsac OVERNIGHTER グローバルスモーク



リュック型、ショルダー型、トート型、いろんなバッグを使ってみたものの、
今ひとつピンとこなかったママ。
結局、評判のいいレスポートサックを買ってみることにしました。

オーバーナイターという名前の通り、1泊程度の荷物が入るこのバッグ。
サイズは30×43×18㎝ですが、実際に持ってみるとそれほど大きい感じはしません。
非常に軽く、型崩れしにくいのがいいところです。
写真ではブラウンに見えますが、現物はグレー系の色合いです。


実は、ママが買ったバッグはこれだけではありません。
懲りずに海外通販に手を出していたのです。

しかし、うっかり住所を実家にしてしまったためカードの支払いを拒否され、
住所変更を申し出るも受け付けてもらえず、キャンセル→再オーダーという
面倒なことになってしまったのでした。
しかもUKサイトなので、配送するのは誤配・遅配で有名なRoyal Mail。
手元に届くまで心配は尽きません。


そんなわけでにわかにバッグづいているママ。
産後一年半にして、ようやくオシャレ心を取り戻したのでしょうか。
しかし、人間どんなに着飾っても、普段の生活がどこかににじみ出てしまうものです。
まずは家の中で一日中寝巻きみたいな格好でいるのをやめた方がいいと思います。



_DSCF17912.jpeg
 部屋をシールまみれにしてやりました

title この薄毛からの卒業

もしかしたら、すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。
プロフィール欄から例の2文字が消えたことを…。
そう、自己紹介から「薄毛」を外したのです。


生まれたときは、髪が豊富に生えていた私。
このようにフサフサでした。



_IMG_3266a2.jpeg



しかし、生後4ヵ月頃から後頭部に暗雲が。
激しく頭を振るため、10円ハゲができてしまったのです。



_IMG_3814a2.jpeg



思えばこの後ろハゲが始まりでした。
それからというもの、たくさんあったはずの髪の毛がどんどん抜けていき、
細くてぺらっとした猫毛しか生えてこなくなってしまったのです。
1歳前にはこのような状況になっていました。



_IMG_4513a2.jpeg



写真ではてっぺんハゲばかりが目立ってしまいますが、
全体にシースルー感が漂っています。

こうした頭髪環境のせいで、男の子に間違えられることもしばしば。
このままではマズイと考えた私は、毎日のブラッシングに加えて食生活の改善を敢行。
海藻類をたくさんとることにしました。

特に食べたのがノリです。
一度食べて以来大好きになり、白ごはんを食べないときも
ノリ巻きおにぎりならいくらでも食べるようになりました。
白ごはんを出されると、スプーンにごはんを乗せたままキッチンに持っていき、
ギー!ギー!(このごはんをノリで巻いておにぎりを作れ)」と要求するほどです。


ノリを食べ続けた成果でしょうか。
最近、「マナちゃん、髪が増えたんじゃない?」と評判なのです。
それが目の錯覚でない証拠に、後頭部の写真をごらん下さい。



_IMG_64622.jpeg 使用前





_DSCF1567a2.jpeg 使用後



明らかに増えています!
もう真上からのアングルにおびえなくてもいいのです!

今でも多いとは言えませんが、「薄毛」は脱却したと言ってもいいでしょう。
これからは「薄毛」ではなく、「少毛」と名づけたいと思います。


長らく加盟していた薄毛同盟も、これでようやく卒業できそうです。
同盟の皆様、薄毛の強い味方「ノリ」をぜひお試し下さい。



_DSCF17711.jpeg
 さらば心の友よ

Appendix

Profile

Author:manachan


meme logo
04年9月生まれのマナです。
2歳になりました。

先天性疾患で手術を受け
現在も通院中ですが、
元気に毎日を楽しんでいます。
ママの実家に絶賛居候中。

マナからのごあいさつはこちら

papapapa logo
多忙のためあまり登場しません。
マイペースな年男。

mamamama logo
グウタラ。好きな言葉は自由。
パパよりは年下です。

おじいちゃま…ママの父。
おばあちゃま…ママの母。

----------------------------------------

過去の記事はこちらです
みんな神様がきめたこと
('05/9月~'06/2月)


メールはこちらまで
   

※リンクフリーです。
ご自由にどうぞ♪

※スパム防止のため、
TBはリンクのあるもののみ
受け付ける設定にしています。

Recent Entries

Monthly Archives

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Search

meromero park

メロメロパーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。